産業廃棄物の種類と処理|正しく廃棄物処理を行なおう|地球のためは自分のため

産業廃棄物の種類と処理

男性作業員

産業廃棄物の種類

廃棄物は事業活動に伴って生じた廃棄物と家庭から生じた廃棄物とに大別される。前者の事業活動に伴うもののうち、指定された20種類及び輸入された廃棄物が産業廃棄物である。産業廃棄物はさらにあらゆる事業活動に伴うものと特定の事業活動に伴うものとに区別される。また、特に危険性や環境影響性の大きなものは特別管理産業廃棄物とされ、通常の産業廃棄物と比べ特別な管理や処理方法が義務付けられている。産廃選別として、上述した区分けに従い適切に管理し、処理することが必要である。産業廃棄物処理業者はすべての産業廃棄物を処理する許可を持っているとは限らない。そのため、適切に産廃選別を実施しておかないと、処理を委託する際に障害となる。

処理方法

産廃選別して所定の方法で保管された廃棄物は、その種類の産業廃棄物を処理する許可をもつ処理業者に引き渡し、適切な処理を行う。収集運搬業、処分業それぞれについて、処理業を行う業者と契約を結び、マニフェストを発行して廃棄物を引き渡す。マニフェストでは処理を委託した廃棄物が確実に処理されているかを確認する。産廃選別は適切に行わないと、処理が確実に行われたかを確認する際にも障害となるので、十分に注意が必要である。また、どのように選別すべきか、またその種類の判断に迷う場合は、自治体の廃棄物担当課に確認、相談するなどしておくとよい。とりわけ、特別管理産業廃棄物に該当する場合は管理方法や処理方法が厳格となるため、事前の確認作業が重要となる。