資産形成には投資信託がおすすめの理由掌握サイト

新メニューを自分なりに

交付目論見書

ファンドにまつわる各情報について、例えば手続きや手数料他が、交付目論見書に記載されています。
投資信託のことをファンドとすることも多いですが、日本の場合は、かなり違います。
投資信託及び投資法人に関する法律に基づいて、官庁の監督を厳しく受ける金融商品です。
運用会社は、金融商品取引法に基づいた投資運用業登録を必要とする、金融商品取引業者でしか行えません。
目的や、どこに何に、投資しているか、ファンドの仕組みがどうか等。
商品ごとの価格変動リスク、為替変動リスク、金利変動リスク等。
算出される投資信託の価額の基準価額、純資産総額、分配金、年間収益率の推移等、過去の運用実績を知ることが出来ます。
また、ファンド購入単位、購入手数料、運用管理費用や信託報酬、ファンドにかかる税金、諸経費等が記載。

交付運用報告書

原則的に作成され、決算ごとに販売会社から送付されてくる交付運用報告書で、投資信託購入後の運用や、その結果が確認出来ます。
投資信託における当該投資信託の権利(受益権)の保有者を受益者といい、運用報告書は、投資信託を保有している受益者に公布されます。
計算期間が半年未満の投資信託の運用報告書は、法令により、6カ月に1度と決まっています。
短期間に決算と行う毎月分配型投資信託などがあてはまります。
全般版の運用報告書に記載の重要項目が、交付運用報告書に記載され、価格の推移や売買状況、そして配当金などの他、運用経過、運用方針等が詳しく説明されています。
運用報告書は請求すれば交付され、ホームページで確認することも可能です。


TOPへ戻る