資産形成には投資信託がおすすめの理由掌握サイト

何より始めてみることです

仕組み

投資信託は、投資信託運用会社で作られ、販売会社を通じて販売されます。
販売会社とは、主に証券会社、銀行、郵便局などの金融関係で、投資家の窓口になります。
販売会社は、投資家からの質問や、相談にも乗ってくれます。
投資家から資金を集め、信託銀行に信託してまとめた信託財産は、販売会社を通して、信託銀行でファンドとして、分別保管してもらいます。
運用会社は、作った投資信託で、投資家から集めた信託財産を運用します。
運用会社が権限で、信託財産をどの資産にどうやって投資するか考えた投資の実行を、運用指図された信託銀行が行います。
投資信託の法律上、運用会社を委託者と呼びます。
制度上の形態は、運用会社と信託銀行が信託契約を結ぶ契約型と、投資目的の法人設立する投資法人の会社型があります。

成り立ちと流れ

信託銀行が、運用会社の運用指図を受けて株や債券の売買や管理を行うことで、成り立っています。
信託銀行は、自社の財産とは区別して、信託財産を分別保管や分別管理しており、法律上は信託銀行を受託者と呼びます。
流れは、複数の投資家は申込金を販売会社に支払い、販売会社は投資信託の申込金を支払って、公募された資金を集めてファンドにし、信託銀行で資産の分別保管をして、運用会社の権限で、信託銀行が運用指示された投資の実行を行い、うまくいった運用成果から分配金や償還金が販売会社に入金される。
得られた収益を口数に合わせて決算の都度に投資家に分配する分配金と、投資信託の信託期間終了の折に返還される償還金が、販売会社から支払われて、投資家に入金されます。


TOPへ戻る